FC2ブログ

「運転免許の更新 快適と無駄」

今日、免許の更新に行った。
余計な仕事は早く済ませたいタイプだが母が退院するまで待っていた。
会社員の時は、休日に行っていた。
人が多く何時間も掛かる。
イラな私は待ち時間が大嫌いだ。
まさに地獄。
しかし平日に行くとほぼ待ち時間無しに終わり”あっ”という間に終わる。
それは、私がゴールド免許だからだとうい事もあるのだが、講習の先生が説明していたが軽微な違反者で講習が1時間。
悪質な違反者や軽微な違反を2回以上期間内に行た物は2時間の講習を受けなければならない。
優良の私は、30分の講習で終わった。
その他の視力検査や写真撮影、免許の受け取りは人が少ないので何の苦痛も感じなかった。

優良講習で私が密かに思うのは
「どう見ても優良じゃないでしょ?」
という人を見た時だ。
偏見なのは分かっているが、服装などから
「車改造してるでしょ?たまたま違反を見付からなかっただけだよね?」とうい感じの人を見た時に心の中で少しおかしくなってしまう。
そういう人を見付けるのを少し楽しみにしている。

今回は教室の前側、即ち出口側に座ったのでそういう人は見つからなかった。
一般的に前に座る人の方が少ないが前というか出口側に座った方が良い。
講習の間に新しい免許を作っていて講習が終わると免許の受け渡しがある。
後ろの席に座ると必然的に免許受け取りの列の最後尾になってしまうのだ。
少なくとも5分の違いが出てくると思う。
何回か更新に行った経験から分かるちょっとしたテクニックだ。
やはりそれよりも有効な手段は有休を取ってでも休日に行く事で難しい方もいらっしゃるだろうが、それが一番です。

しかし、問題なのは免許センターの場所だ。
車を持っていないのでバスで行くのだがバスで約50分掛かる。
どちらかと言えば私が住む街は免許センター寄りの所に住んでいる。
もし反対側の街の外れに住んでいれば行くまでに確実に1時間は超える。
昔は免許センターは街中にあった。
それが移転になったのは山の中だ。
馬鹿なのか?
国なのか県なのか知らないが、免許を持っている人=車を持っている人で郊外にしても問題ないと思っているのか?
免許センターには無意味に広大な駐車場がある。
街中のビルで駐車場なしの所を借りるなり作るなりした方が良いのではないか?
免許センターで路上講習などしないのだから広大な敷地は必要ないと思う。
行き帰りで約2時間は掛かりバス代が約1、000円。
私の一日の食費は米代を覗くと一日200円ぐらいだと思う。
無駄な出費だ。
時間的にも交通費的にも馬鹿らしい。

もちろん更新費も掛かる。
食費を削っているぐらいだから更新時にお願いされる寄付をするどころではない。
余談だがブログに広告を載せているのは、もちろん”お小遣い(生活費)が増えればいいな”と思っているのもあるが、ただ単に自分が今欲しい物を載せているだけで載せる事である程度物欲が満足するのでちょこちょこと変えている。
免許センターが街中にないのはうちの地域だけなのかもしれないし、全国的にもそうなのかもしれないが3年から5年に一回は、この無駄な時間を過ごさなければならない。
馬鹿らしい!
スポンサーサイト



コメント

No title

行政のすることには無駄が目立ちますね。

私のところにも、免許更新の案内が来ています。

私の住んでいる大阪府では、近くのどの警察署でも免許更新の手続きが可能です。
そして、後日、新しい免許証が出来上がった時点で、
「本人が取りに行く」
あるいは、
「簡易書留で自宅まで送ってもらう」
のいずれかの方法を選択できます。

新しいのが出来上がるまでは、現行の免許証の裏側に「更新中」といった意味の言葉が付記されますので、それで有効期限の延長を証明します。

おそらく、ほとんどの人は簡易書留で送ってもらっていることと思います。

Re: No title

コメントありがとうございます。

場所によって更新の仕方が違うのですね。
どこも私の所と同じ仕組みだと思っていました。
近くの警察署は自転車で10分で行けますが警察署は更新業務をしていません。
大阪府の方が断然楽そうで良いですね。
非公開コメント

プロフィール

Author:WAYA
FC2ブログへようこそ!

40越えのおじさんが日頃感じる事をブラックユーモアを交えて書いているだけのブログ

検索フォーム

amazon広告

ブログランキングボタン

ブログが何某かの良い所がれば投票お願い致します。


アクセスカウンター

ブログランキングボタン

広告

モッピー!お金がたまるポイントサイト

QRコード

QR

amazon広告

amazonアソシエイト使用の表示

「Amazon.co.jpアソシエイト」または「WAYA」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブロとも申請フォーム