FC2ブログ

「体育教師の教え」

私が小学校5年か6年生の時に体育の時間が終わり、体育教師の指示でクラス全員で使った跳び箱やマットを片付ける様に言われ友達と私二人で跳び箱の手前に置く踏み切り台をサッサと片付けて立っていると先生が
「早う片付けて」と言われたので
「もう片付けました」
と私が答えると先生は激怒し
「そういう問題か?」と言い出し、普通なら解散だった所をもう一度クラスの皆を集めてこの一件を皆の前で話し始めた。
あまり具体的な内容は覚えていないが”自分が楽ばかりしてそれでいいのか?”的な話だっと思う。
別に前に立たされて怒られた訳ではないが私だけ名指しで怒られ、突っ立っていた友達も同罪だと思うが口答えしたと思われたのか私だけ怒られた。
心にモヤモヤとした気持ちはあったが別に一人が一つ片付けるとういルールがある訳でもないので、先生の言う事は一理あると反省し、それからはトラウマの様に自分の担当でもない仕事でも率先してやる様になった。

怒ってくれた先生に感謝しているという話ではない。
就職した会社でも誰の仕事でもない備品の発注やら、決められた時間に行われる掃除の時にダラケて掃除をする同僚達をよそに率先して掃除をした。
別に特別仕事が出来るとういう人間でもなかったが、結局上司にゴマをするというか上司との飲みで楽し気に場を盛り上げる人間の方が好かれ無口で暗い性格の私は嫌われていた。
そういう口が上手い人間は私の経験では怠け者が多く、口が上手いのもいい訳で培われていた感がある。
一番良いのは真面目で明るい人間ではあるが、仕事面以外でも真面目に働いていた私は体育教師のおかげでいらない苦労をしてきたと思っている。
”真面目に働いている事は皆分かってるよ”という人もいるだろうが捻くれ者の私には何のメリットもなかったとつくづく思い、体育教師に”世の中は口八丁で手を抜いて生きろよ”と教えてもらいたかったと思っている。

今思い出すと体育教師もろくな人間には思えない。
片付けは体育教師が見守る必要もなく生徒と一緒に行えばよく、ただ立って指示だけ出しているのは偉そうだと思う。
それに私だけ怒られたのも歯向かったという様な人間的な感情に基づいて友達も一緒に怒られるべき事が私だけになりクラスの晒し者になった。
真面目な私は仕事で徹夜やら休日出勤をしてきたが、手を抜く時は抜いて仕事をすべきだと後悔している。
世の中なんてほっといたら”真面目な○○がやってくれるよ”と人を利用する奴ばかりなのだから。
スポンサーサイト



プロフィール

Author:WAYA
FC2ブログへようこそ!

40越えのおじさんが日頃感じる事をブラックユーモアを交えて書いているだけのブログ

検索フォーム

amazon広告

ブログランキングボタン

ブログが何某かの良い所がれば投票お願い致します。


アクセスカウンター

ブログランキングボタン

広告

モッピー!お金がたまるポイントサイト

QRコード

QR

amazon広告

amazonアソシエイト使用の表示

「Amazon.co.jpアソシエイト」または「WAYA」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブロとも申請フォーム