FC2ブログ

「虚弱体質だが健康」

お腹が痛い。
私は、お腹をしょっちゅう壊す。
だが、ここ数年調子が良く、大きくお腹を壊した事はない。
それがお腹がぷっくり出てきた原因だろう。
私は、動いた分だけお腹が減るタイプで今肉が付いてきたのは、走行距離以上に燃料を入れた日を多く過ごしてきたからだろう。
普通食べ過ぎるとお腹を壊すのだが最近では、お腹を壊す事が少なくなってきたと思う。

子供の頃から虚弱体質ではあったが大きな病気や骨を折った事はなく、何故か骨を折った人が石膏で手や足を固めているのを羨ましく思っていた。
骨にヒビが入った事はたぶんあるのだと思う。
インフルエンザに掛かった時、咳をし過ぎてインフルが直ってもずっと肋骨がズキズキと痛かった。
きっと肋骨が疲労骨折していたのだろうと思う。
小学生の頃、踏切を自転車で渡っていてレールの上で雨の影響でタイヤが滑りコケて手を付いた所、その後ずっと手首が痛かった。
その痛みと肋骨の痛みが似ている。
咳と雨の日の踏み切りやマンホールの蓋は、気を付けなければならない。

私は虫歯が二本ある。
一本は銀歯になっている。
もう一本は、ちょっとした歯の痛みに鏡で確認した所、虫歯になっている事に気付いた。
それが2~3年前でそのまま放置しているがたまに痛みが出る事もあるが、黒い部分が大きくなっている事はない。
何故放置しているかというと、最近の歯の治療ではすぐに削って治療しないという事をテレビを見て知っているからだ。
今の治療では経過を見て悪化するタイプの物でない限り削らないらしい。
私の銀歯は、小学校の検診で見つかった物だがその結果から歯医者に行きすぐに銀歯にされた。
私は、見た目が悪い銀歯が嫌いだ。
冷たい物を食べると特に銀歯の所が痛いし、銀歯がなければ私の歯は白いままだったのに。
虫歯を放置していても私の虫歯菌は進行しないタイプで、今の銀歯以上成長しているとは思われない。
元の治療していない歯に戻して欲しい。
スポンサーサイト



「テレビで紹介か自慢か?」

私は、芸能人が自分の住んでいる豪華な自宅や持っている高価な物をテレビで紹介しているのを見ると
“これは何の為に見させられているのだろう”と思う。
自慢にしか感じない。
見ている側は憧れてもしょうがないし、こういう商品があるのかと知らせる目的があったとしても到底買えない。
番組の意図が分からないし、その企画を受ける芸能人の意図も分からない。
その芸能人の生活を知りたい一部のファンは、嬉しいかもしれないがその他のファンは離れていくばかりだと思う。

最近、自分の会社の検索機能を紹介する為に家族が携帯で温泉の場所を検索するCMをよく見るが幸せ感がハンパない。
“これは何を見させられているんだ”
と不思議でしょうがない。
顔のそっくりな母子なので本当の家族と思われる。
独り身の私だが別に羨ましいとは思わないがCMで訴えたい事が薄れている。
男性の私が違和感を感じるのだから女性はもっと嫌悪感を感じている事だろう。
女性は、この様な幸せアピールが大嫌いと聞いている。

昨日テレビで芸能人(その時は一般人)がSNSで自分の生活を豪華に見せる為に借金をしてまで自分の給料に合わないブランド品を買ったり、海外旅行に行ったりしていたというテレビ番組を見た。
男性は、その人の生活に憧れてSNSを見るという事は少ないと思うが、女性は憧れを持って見る人と
“自慢か?”
と不快に思う人の両極端に分かれる傾向があると思う。
芸能人もテレビ局などの発信側も好かれるか嫌われるかの天秤を掛けて発信してもらいたい所だ。
私が一番腹が立つのは芸能人の今日の衣装総額幾らという企画でサイボーグの様な姉妹が、何億という金額を記録する時が一番腹が立つ。
彼女達のお金はどこからやって来た物なのだろうか?

「日本賞賛番組」

今日の昼、日本の職人が他の国に行き、壊れている物を直して人助けする番組を見た。
昼にやっていたのだからどこぞのテレビ局の再放送だと思われる。
この番組は、そう思わなかったが最近日本賞賛番組が多い気がする。
日本人に向けて
“こういう日本の文化がありますよ”
と再発見する様な作りなら良いが、外国人に向けて
“日本の技術はすごいだろう”
感が強いと私は、少し不快に思う事がある。
それは、芸能人が自分の住んでいる豪華な家や、持っている高価な物をテレビで紹介する番組を見ると不快に思う事と似ている。
私の様な貧乏人が手の届かない様な物を金持ちに見せびらかされている様な嫌な感情だ。
それと同様に日本人である私が外国の人達に
“日本人はすごいだろう”
と見せびらかしている様に感じて嫌だ。

ちょっと前に外国人お笑い芸人がその様な番組に出た感想として
「びっくりしたリアクションを取るのがしんどい、外国にも当たり前にあるからね」
の様な発言で、その日本賞賛番組を批判しているとニュースになっていた。
その発言は、自分がその役割をわかった上でギャラを貰い番組に出演しているのだから論外で話にならないが、私はその言わんとしている事は理解出来る。
その発言にジャパニーズピープルは
「国に帰れ!」とか「日本から出て行け」
とかの反応をしているというニュースも載っていたが、その極端な反応は日本人の島国根性というかペリーの来航からあまり変わっていない。

お笑い芸人は、その発言を芸能界を引退する覚悟を持って言わなければならない世の中になっていると思う。
失言で失脚した芸能人は沢山いる。
また、話が反れてきたが今日のブログで何が言いたかったかと問われれば
「別に」
と答える事にしよう。

「テレビっ子のテレビ信仰」

街で芸能人を見る事と同様に知り合いがテレビに出ている所を見るとテンションが上がる。
ある日、祖母にその娘、私の叔母から電話があったそうでテレビのコーラスコンクールに出たから見るようにと電話があったらしい。
私も見たが、その時初めて知り合いがテレビに出ている所を見た訳だがテンションは、特に上がらなかった。
それは、叔母が嫌いだからとかではなく、街で偶然芸能人を発見したとか不意に見付ける事に意味がある。

自分の同級生が高校野球地方予選の放送に出ていた時を見ていた時は、テンションが上がったがそれは偶然見た訳ではないので驚きという物はなかった。
三年生の同級生のピッチャーがランナーを背負うと挙動不審者の様になりランナーを気にし、もう一人の同級生が強豪高校から先制点のホームを踏み大喜びをしていた。
その後ボロ負けしコールドを食らうという展開が私は、驚きがなかったがそれは、それで面白かった。
偶然見て驚いたのは、中学校の同級生がニュースで何某かの商品を説明している所を偶然見た事だった。
“ここに就職したんだ”
と思って不意に画面に出て来た同級生に驚いた。

一番面白かったのは、男性が熊に襲われたというニュースを見ていて熊に噛まれたか引っ掻かれたかで怪我をした男性にその時の出来事をインタビューしていた。
その襲われた人の名前の字幕を見ると小学校6年生の時のクラスメイトと一緒の珍しい名前だった。
“あれ?”
と思ってよく見てみると確かに面影がある。
そのクラスメイトは、以前書いた私が風邪で長期の休みの直後に走ったマラソンで、いつも勝っていた小太りのクラスメイトにも抜かれたと書いた記憶があるがその人で、大人になった彼は小太りというより、ガッチリした体型になっていたが独特な歯並びは、何も変わっておらず、熊にどこぞの職場で襲われたエピソードを話していた。
“熊に襲われるって!!”
と驚いたというより、申し訳ないが彼の運の悪さにちょっと笑ってしまった。

私が芸能人を見てテンションが上がるのも、テレビで知り合いが出ている所を見るとテンションが上がるのも子供の時からテレビをずっと楽しみに見ていたテレビっ子だからだろう。
今そんなテレビっ子などという言葉も死語だろうが、視聴率が15%越えで調子が良いという記事を見ると悲しく感じる。
きっと今の子供は娯楽が沢山あるという恵まれた環境にあるという事がだろう。

「知り合いが有名人と言うリスク」

・・・前回の続き
コンサートなどには行った事はないが5、6歳の時に球場にプロ野球を見に行った事がある。
その時有名人を初めて見たと言えるかもしれないが、まったく誰を見たとか記憶がまるでない。
覚えているのはその帰り道に父が交通違反で捕まったという記憶だけで人に
「初めて見た有名人は?」
と聞かれてもこれを入れる事は出来ない。
その後会社の行事で一回だけ球場に行ったエピソードは、このブログの何処かで書いた気がする。

野球選手で言えば、小学校低学年の時デパートにその時優勝したプロ野球チームの選手がやって来るという事で見に行った事がある。
で、それが私の初めて見た有名人かというと覚えているのは、田舎にやって来た有名選手達という事で会場にファンが押し寄せ、開場と共に子供の私は人混みに押されその場で倒れてその上を人が通るという恐ろしい目に合ったのを覚えているが、その後会場に入って選手を見たのか怪我をして帰ったのか全然覚えていないし、結局どの選手が来ていたのかも覚えていない。

野球選手で見た有名人で言えばちょっと特殊な事例もある。
学校には今も子供会というシステムが残っていると思うが、その子供会の集まりに同級生の弟がいた。
その同級生とも親しい訳ではなく、その弟も顔見知り程度の間柄だ。
二人とも野球をやっていたが弟の方はその後プロ野球選手になった。
有名人を見たというより知り合いが有名人になったという事だ。
そして弟は有名球団のレギュラーで活躍する様になった。
この人が初めて見た有名人と言えなくもないが、よく世間で聞く
「○○とは、友達なんだぜ」
みたいな親しくもないのに人の力を借りた自慢みたいになるので自分からは話さない様にしていた。
イケメン選手として女性にも人気があったその選手は、結婚していた様だが芸能人の女性と不倫している所をすっぱ抜かれ、それが原因か有名球団を出され人気も一瞬で地に落ちた。
その人が誰なのかと詮索しないでくださいW

「芸能人を見るという事」

街で芸能人を見るとテンションが上がる。
女子学生の様にその場で飛び跳ねたりしないが心は、躍っている。
しかし、女性が嬉しい時に飛び跳ねる心理学的な仕組みとは何なのだろうかと思っている。
私は、芸能人を見ても心の中で“おぉ~”と思うだけで飛び跳ねたりしない。
女性特有の物なのか男性も本当は飛び跳ねるのが生理的に普通なのだが、人の目を気にして抑えているだけなのだろうか?

芸能人に会う(見る)というのは、二種類あると思う。
こちらから見に行くパターンと偶然出会うパターンだ。
ファンの歌手のコンサートに行くとかそういう事がこちらから見に行くパターンだが私は、そういう物に一回も行った事がない。
私の場合、学校の文化祭でプロレスラーがやって来たのがそうだと言えるが、厳密に言うと向こうからやって来たというのが正確な所だが、街でバッタリという事でもないのでそういう事にしておこう。
プロレスファンではない私は、その人の事を何とも思っていないので話の種ぐらいにしか思っていない。
「ファイアー、ファイアー」
言わせようとするので付き合ってあげた。

街で偶然見たという人で初めて見たのはアゴ勇さんだった。
東京の様なそこら変を歩けば芸能人に出会うという様な地域ではないのでそれほどファンではなくても“おぉぉっ!!”と嬉しくなってしまう。
話し掛けたりしなかったが別人と間違える様な風貌ではないので間違いないと思っている。
街で出会うパターンでは、テレビ取材を見掛けるパターンがあるが嬉しさで言えば、偶然見掛けたという時と比べると私は、何故かあまり嬉しさを感じない。
きっとウォーリーを見つけた様な感情がないのだろうと思う。
地方番組で見掛けたのは、アンガールズ山根さん、冷やし中華はじめましたの歌でブレイクしたAMEMIYAさんがいる。
大物で言えばクリームシチュウーのお二人がロケ車からグラビアアイドル一人と降りて来て、ある有名な建物を見て有田さんが
「昔、来た事があるけどこんなに小さいとは思わなかった」
と話している所を自転車を漕ぎながらその横を通ったがその時、急いでいたので
“おっ!”
と思ったが立ち止まる事もなく、その後のロケを見る事はなかった。
その頃のクリームさんは、ロケのリポーターなどでテレビに沢山出始めた時でその時は、地方ロケで見る事もあるだろうと思っていたが、今はきっと地方で会える事などないだろうという程の大物になられた。
自転車を止めて握手でもして貰えばよかったと少し後悔している。
ちなみにグラビアアイドルは、相撲取りの方と噂のあった方で確かその後結婚されたと記憶しているが、名前を思い出せないが、名前を書いても誰それ?とうい事になりそうなので敢えて調べなかた。
次回に続くかも・・・

「無」

最近ブログに書く事がない。
用がなければ絶対に書くという方針は止めた。
新聞の4コマ漫画で“で、オチは?”という話をよく見る。
たまにノスタルジーを誘う目的があるのだろうなと思う作品もあるが、私は4コマ目に落ちを見なければ気が済まない。
ブログを続けていると漫画家の生みの苦しみが良くわかる。
別にブログに今日の出来事を淡々と書けば書けるが、私はブログの中にオチや共感出来る話、人に訴えたい事が含まれていないと書きたくない。
本当は、世の中の不平不満を書く事にすればいくらでも書けるのだが、これも人のブログを読んで落ち込むというかテンションが下がるブログは、個人的に好きではないので自分でも書きたくない。
基本自分がされて嫌な事は、人にもしないという考え方を持っているので、文章でも同じ事が言える。
“今まで散々不平不満を書いてきたじゃん”
とお思いの方、実はこれでも上品に書いているつもりで毒を押さえて書いているのでしたW

今日のブログもオチ的な物は何もないです。
では、何を訴えたかったと言うと
“もう毎日更新していませんよ”
という事で二日に一回更新とかそういうルールも考えていないので
“毎日ブログを見なくていいですよ”
という話が結論として言いたい事でした。
皆さんのブログは毎日拝見させて頂きますのでこれからもよろしくお願いします。

「何か運命めいた物を感じる出来事」

昨日は、どのニュース番組を見てもランサムウエアのニュースばかりだった。
前にも書いたがどのテレビ局も同じニュースばかりで独自性がないなと思っている。

19時前後だっただろうか?
誰も読んでいないであろうその日のブログを書き終え、その後色々と調べたいニュースを辿って、いわゆるネットサーフィンをしていた。
ある動画だったかニュースの名前のリンクかを押すと突然、ビービーと警報音が鳴って画面にニュースと関係ない警告文が現れた。
一瞬でランサムウエアだとわかった。
”なんでこの日に?”と少し運命めいた物を感じた。
私は、ウイルス駆除ソフトを購入し、使っているのである程度防げると思っていたが、初めて自分のパソコンに被害が及んでしまった。
詐欺の文章をいちいち読んでもしょうがないのでインターネットの接続をあまり読まずに切った。
ニュースで見た種類とは、違うとすぐにわかった。
どちらかというと一昔前のテレビニュースで見た種類のウイルスに似ていると思った。
そのニュースでは、実際に電話番号に掛けて調査をしていた。
電話を掛けると東京の電話番号にも関わらず、海外の拠点に転送しているそうで女性が、アジア人が使う日本語に見受けられる、独特のイントネーションで記者と話しをしていた。

ウイルスソフトを使っていた効果からか普通にパソコンを使う事が出来たが、インターネットを繋げると警報音が鳴り、あの電話番号が書かれた文章がまた現れた。
色々やってみたが回復せず、これではインターネットが使えない。
私は、最終手段としてパソコンの初期化を行う事にした。
今のパソコンを買って5ヶ月たらずだが、今まで自分色のパソコンにしてきた。
その設定を初めからやり直すのは面倒だが初期化する事にした。
買った直後に設定ミスでどうにも解決出来ない問題が出たので、それならば初期化してしまおうと一回初期化した事があったが、初期化するのに12時間以上掛かった。
それが初期化を躊躇する事の一つでもあった。

パソコンは普通に使えるのでデータを2,3コピーし、初期化を始めた。
大事なデータはそれだけしかないのかと思われるだろうが、買って5ヶ月だし私はノートPCを持っているのでそれをインターネットと繋げず、データは大体そちらに取っている。
仮に私のFC2ブログを消されても文章はノートPCで作っているので、同じようなブログをもう一度作る事が出来る。
21時頃に始めたので明日の昼前には終わるだろうと思っていたが何故か一時間半で終わった。
その事が逆にウイルスの影響で初期化が失敗したとか、ウイルスが残っているのかと不安になったが、今の所なんの支障も出ていない。
それからパソコンに入れていたソフトの再インストールやパソコンを元の使いやすい設定に出来るだけ戻した。
0時を過ぎたのでキリがないと思って一時中断した。
で、ご訪問頂いた方のブログの大半を昨日見る事が出来なかった。

私はウイルスの事を知っていたが何処か他人事の様に思っていた。
あと駆除ソフトに頼り過ぎていたと感じた。
駆除ソフトのお陰でデータを移したり出来たのかもしれないが、昨日のニュースの種類のウイルスではデータ自体を暗号化すると言っていたので、今回の私の様に暗号化されたデータの移動も無意味だったのだろうと思うし、そもそも画面自体固定されてその移動の作業も出来ない種類の物もあるのだと思う。
いい勉強をしたと思って怒りを抑えようと思うが、法律で損害の大きさによってウイルスを作った犯人を死刑とか終身刑とか罪の重いものにしないとこの手の犯罪はなくならないと思う。
ニュースで見た電話のオペレーターも同じで、仮にオペレーターが捕まったとしてもきっと執行猶予が付くのだろうがもっと重い罪にしないとウイルスの犯罪はなくならない。
そもそも電話番号から大元の犯罪組織まで簡単に辿りつけるのだろうが、警察も外国での犯罪なので検挙出来ないのだろう。
それなら外交努力でどうにかするとか、電話番号は、03なので電話番号を破棄させるとか色々出来る事はあると思うが日本はサイバー犯罪に適用出来ていない。
そうなると自分が気を付けるしか手はない。
まず、ネットサーフィンをしない様にするのが手っ取り早いが、それはインターネットの利便性を放棄する事と同義で、バックアップを取るとか駆除ソフトの最新バージョンに更新するとかしかないのだろう。
基本、そんな高度なソフトが作れる程の頭を持っているのだからまじめに働け!!と思う。

「得する人、損する人」

・・・昨日の続き
その5月初めに切ってもらった人は、すごくちょっとしか切らない人だったので2週間ですでにもう髪を切りたい。
長さの確認の時に眼鏡をはずしていたのでこれほど長く髪が残っているとは気が付かなかった。
それに気付いたとしても1000円でもう一回切らせるのは個人的に忍びない。
悪気はないだろうがその人は
「毛量が多いので沢山すいておきますね」
と言っていた。
私は、白髪が増えてきたが髪が薄くなる事はまだなく、まだ髪をすかないと丸々と膨らむ。
気ぃ遣い~の私は、理容師さんに普通の人の1.5倍の労力を使わせているといつも申し訳なく思っている。
髪がまだ長いと気付いても絶対
「まだ切ってくれ」
とは言わなかっただろう。
まぁ、1ヶ月で2回髪を切っても2160円なので3500円より十分安いのだからそれでも納得出来る。

1000円と言っても消費税が掛かり1080円になるのだが、消費税が5%だった時、値段は1000円だった。
消費税が8%になる少し前から
“消費税アップの為に1080円に値上がりします”
と張り紙がしてあったが、いかにも真っ当な話に聞こえる。
がしかし、1000円の時には5%の消費税は1000円の内に含まれていた。
実際の値段は、952円という事になる。
それに消費税が3%上がって8%だから952円×1.08で1028円、切り上げて1030円としても店は、50円しれっと値上げをしている。
確かに張り紙に
“値上げします”
と謳って“3%分値上げしますとは言っていないのだからお客を騙しているとは言えない。
ここら辺の罠に気付くか気付かないかで損をして生きる人とそうでない人とに分かれてくるのだろうなと思う。

「高い散髪屋と安い散髪屋の一長一短」

五月の初め、散髪屋に髪を切りに行った。
散髪屋という所は、特殊な仕事で美容師と客との関係は、密接だと言って良いと思う。
二人の関係性の中で刃物(はさみ)を使うのだから信頼関係がないと怖い。
昔、ドリフのもしもシリーズで手が震える老人の美容師が、お客の髭を剃るという様なコントを見た様な覚えがある。
手が震える老人ではないけれど、仮に酒の匂いをプンプンさせている理容師だったら、その人に切ってもらいたいとは思わない。
その不安をなくす為か理容師は、お客に必要以上にしゃべり掛けてくる。
私は、普段から無口でどうでもいい話を聞ける程陽気な時は、10回に3回ぐらいしかない。
しかし、理容師は、無口な理容師は悪だと言わんばかりに話し掛けてくる。

私が昔行っていた散髪屋は、値段が3500円で小一時間掛かる。
単純には言えないが、理容師の自給3500円と考えれば儲かる職業だと言える。
会社を辞めて貧乏になってくると巷で増えてきた1000円カットのお店に行く事にした。
髪を洗わないが10分ぐらいで切ってくれるので安くて早くてとても便利だ。
店には、複数の理容師がおり、こちらから指名する事は出来ない。
なので、10分の関係だからか理容師も無意味に話掛けてこない。
しかし不便な事もある。
切った髪が頭に残るとか無駄毛を剃ってくれないとかそういう事は、値段と照らし合わせても織り込み済みで私も理解している。
では、何が不便かというと毎回変わる理容師に同じ2cm切ってくださいと言っても無茶苦茶切る人もいるし、切る前と何も変わってないじゃんという人が出てくる。

私は、夏になると髪を気持ち短く切ってもらい、冬には割と延ばすという事をしている。
前に通っていた所では、それがツーカーで伝わるが1000円カットの場合は、毎回人が違うのだから
「この前より少し短めで」
と言っても相手も前どれだけ切ったかを覚えている筈がない。
こちらが
“この人は前、2cm切ってもらって無茶区茶切られた人だから1cmと言おう”
とこちらが気を付けなければならない。
高い金で髪を洗ってもらって髭を剃ってもらって、こっちの理想の長さにしてもらって理容師との上辺だけの話をするのがいいか、安い金でその逆の仕事をする所がいいかという話になる。
まぁその前に今貧乏なのだから私の選択しは1000円カットしかない。
長くなったので明日に続きます・・・

プロフィール

Author:WAYA
FC2ブログへようこそ!

40越えのおじさんが日頃感じる事をブラックユーモアを交えて書いているだけのブログ

検索フォーム

amazon広告

ブログランキングボタン

ブログが何某かの良い所がれば投票お願い致します。


アクセスカウンター

ブログランキングボタン

広告

モッピー!お金がたまるポイントサイト

QRコード

QR

amazon広告

amazonアソシエイト使用の表示

「Amazon.co.jpアソシエイト」または「WAYA」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブロとも申請フォーム