「忘れよう、いい意味で」

書きっぱなしも良くないので母の件を書きますと、実家から離れた大きい病院に行き、検査を受けました。
結果は、検査入院をする事になりました。
順番待ちなのか入院は1ヶ月後ぐらいになるとの事。
昨日も書きましたが母は、ずっと寝込んでいるとかそういう悪い様な状態ではなく、すぐに入院ではないという事は症状もそんなに悪くないとも言えます。
私は、母の事を聞いてから集中力が落ちた事を感じており、心配事が1ヶ月伸びたと言えます。
そこで私はいい意味で気にしない、忘れようと思います。
1ヶ月気を揉んでも自分の体調が悪くなるだけなので。
検査入院は、確実にするので病院に通う体力を持っていないといけませんから。
成る様に成るの精神で普段通りに過ごそうと思っています。
暖かいコメントを下さいました皆さんありがとうございました。
スポンサーサイト

「マザコン」

数日前、実家から電話があり母が手術をするとかしないとか連絡があった。
詳しくは、大きな病院で診てもらわないと分からないらしいが、気になって何事も集中出来ない。
心が中に浮いた感じがする。
別に今、実家で寝込んでいるとか死に至る病気でもないらしいが、身体を切る事自体可哀そうというか、失礼ながら田舎の医師の勘違いであって欲しいと思う。
母を大事にする息子を気持ち悪いという風潮があるが、男女問わず母は特別な存在で、表面的に気持ち悪い感じが現れるか現れないかの違いだと思う。
私は、母をママと呼ぶような気持ち悪い感じではないが、マザコンと言われればそうかもしれない。
妻や子供がいないからそう思うのかもしれないが私にとっては、特別な存在。
病気なら手術もしなければならないが、薬とかで治る程度の方が良い。
どちらにしろ健康で長生きして欲しい。

「支配階級に都合の良いシステム」

私は就職活動をする時は正社員、派遣社員、アルバイトとある中で派遣社員の求人は見ない。
個人的には極悪なシステムだと思っている。
もちろん一時的に人が足りないという事が起こるだろうがそれは、アルバイトというシステムで事足りると思う。
昔、松下さんか本田さんだったか忘れたがどんなに会社が厳しくなっても社員が宝として決して社員の首は切らなかった逸話がある。
社員達もその事を恩に感じ、会社を立て直したのも首を切らなかった社員達の力だと思う。
いつでも社員を切れる制度が派遣社員のシステムだと私は思っている。
確かにどうしようもない人が終身雇用に胡坐をかく社員が多くなって沢山の会社が潰れてきた事もあるのだろうが、それは鶏が先か卵が先かの問題に思える。
会社が社員を大事にしなくなったのが先か、社員が胡坐をかいたのが先かという意味だ。
世界で日本の会社が負け出したのは、派遣社員の仕組みが関係している様な気がしてならない。
働いている側は
“どうせ辞めるのだから”
という思いがあるのは会社にとってプラスに働かないと思う。

派遣社員が極悪なシステムだと言ったが一番極悪なのは、人を集めて社員を派遣する人材派遣会社だと思う。
集めた人に責任を持たないし、間に入ってその人が貰えばいい給料を抜いているとしか私には、感じない。
極端な話、個人的には人身売買グループのイメージを持ってしまう。
派遣社員を求める会社にしたら求人を出す事によって発生する費用を派遣会社に払って外注しているという仕組みだとも分かっているが、社員をお金を払って買っていると言い換える事も出来る。
世の中には、派遣社員が自分にあっているという人も中にはいらっしゃるだろうが私は、このシステムは嫌いだ。
極端な表現で書いたので色々な意見もあるでしょうが個人的な解釈で、ただ私は嫌いだというだけの話でした。

「心の芝生」

愛されるより、愛した方が良いみたいな言葉があるが私は、愛される方がいい。
人から聞けば何かカッコいい言葉の様に聞こえるが、どのぐらいの人が愛す方がいいという人なのだろうか?
私は、末っ子で家族や親戚の皆さんに幼少期から可愛がって貰った。
その経験からか上の様な考えがある。
だから、女性を口説く様な感じの人間ではなく、待ちの人間になってしまった。
特に魅力的な人間でもないので女性から言い寄って来る様な事もなく、今も独身な訳だ。
ついでに書くとブログで訪問者数やランキングが気になる人は、愛されたい派かもしれない(私も含まれる事になるが)

芸能界は、愛されたい人達の集合体の様な存在で愛された分だけ給料が貰えると言える。
芸能人で別に人に好かれて(媚びて)生活したくないという人はいないと思うし、いてもその人は芸能界に向いていない。
その芸能人に何百万円も使って応援する人には、グッズを集めたいという人だけでなく、金銭的に貢献したいという人も居る様で完全に愛したい派と言える存在であろう。
私は、好きな芸能人はいてもグッズを集めてその人を応援してあげたいとは思わない。
もし何か買ったとしてもそれは、ただ単に自分が欲しいからでしかない。

芸能人は、人気が上がれば上がるほどアンチ的な人が出てくる。
それは嫉妬の様な物で人気がある人が許せない、言い換えれば自分が満たされていない、自分が愛されたい人なのだと思う。
その芸能人以上に職場、学校などで人に好かれる人間ならばそんな感情は持たないと思う。
私は以前、テレビで自宅や高価な物のコレクションを紹介する芸能人を不快だと書いたが、それは自分が今満たされていない事の証明で自分が幸せならそれが自慢している様には見えない筈だ。
隣の芝生は青く見えるというがそれは、自分ちの芝生との対比でそう見えるのであって自分ちの芝生が青ければ感じない事だ。
まぁ~初めから人と比べないという事が出来れば一番良いのだが・・・
あなたの心の芝生は、青いですか?

「見てるだけで面白い」

昨日、自転車で買い物に行った。
家に近いスーパーではなく、安く売っている店まで行くので2つの公園の横を通る。
そこで子供に関する印象深い事を沢山見たので書いてみる。

道路で3人の小学生の低学年の子供達がウロウロと歩いていた。
危ないのでゆっくりと通ると子供の一人が
「影は、10秒まで?」
と言っていた。
どうやら日向だけを歩いている様だ。
私も子供の頃やっていたなと懐かしく思ったが、道路でやりながら帰るのは危ないと思ったが、このご時勢なので声も掛けず店に向かった。

帰りの店の近くの道路で4、5歳ぐらいの子供が下を向き立ち止まり不機嫌そうだ。
母親は数メートル離れた所で待っている。
顔を見た訳ではないが怒っているというか疲れているというか何とも言えない雰囲気を感じた。
よく見る光景だが他人がどうする事も出来ない。

帰りに公園の横を通ると公園の隅にある、上に水が噴水の様に出る蛇口をかぶり付いて水を飲んでいる小学生の低学年ぐらいの女の子が目に入った。
私は“汚いな”
と思ったが後の人が飲むのに汚いという意味ではない。
その女の子に“その蛇口は汚いかもしれないよ”という意味でそう思った。

その公園でブランコの周りに3人の小学生が遊んでいた。
手には、TVゲームを持っている。
私はテレビで、そういう外に遊びに行っても運動せずゲームばかりしている子供達の画像を見た事があるが、実際に見たのは初めてだった。
“これがあのニュースで見た光景だ”
と少し感動の様な物を感じた。
私もゲームは好きなので同じ環境(携帯ゲームの普及)だったら必ずそっちよりの子供になっていただろうと思うので何の文句もないが
“別にブランコに座ってやる事もないでしょ?”
と、もしかしたらブランコが空くのを待っている小さな子供がいるかもしれないと思ったが、周りにはそういう子はいなかった様に思う。

自分が子供の頃はやっていたんだろうなと思う事ばかりで昔を思い出す光景でした。

「自称発明家のテレビでの役割とは?」

ドラえもんのタケコプターは、頭に付けて体を持ち上げるのだから頭皮に自分の体重分の力が掛かるから65kgの体重の人なら同じ分の力で上に引っ張られる。
髪の毛を引っ張ったら痛い様に65gの力で頭皮を引っ張ったら皮膚が千切れて空に飛んで行く事だろう。
漫画では、首を曲げ四つん這いに近い格好で飛んでいる。
本当だったら体が真下に引っ張られて人形の様に吊られて飛んで行くのが正解だ。
頭の重さが正確に何キロかは知らないが首を曲げるという事は、首に約50kgの力が掛かっている筈で強靭な首の筋力がないと出来ない。

テレビでは時折、これが発明か?と思うような素っ頓狂な発明おじさんが良く出て来る。
笑い話として見るにはいいと思う。
少し前の話だが、テレビで空を飛ぶ発明をしているという老人を見た。
ヘルメットを被り、ヘルメットには風船が付いている。
手には団扇の様な物を持ち、扇ぐ事で浮力を生み出すと本気で語っていた。
「風船を沢山付ければ飛べる」と説明していた。
団扇はともかく風船を大量に付ければ確かに飛ぶ。
ヘルメットは、首の所を紐で止めている。
ヘルメットが浮かび上がると体重は顎の下の紐に全体重が掛かる。
画像では、細い紐だった。
たぶん紐が切れてヘルメットだけ飛んで行くだろう。
頑丈な切れない紐を作ったとしても下手をしたら首が絞まり死んでしまう。
仮に首が絞まらない様な作りにしても頭だけ引っ張る仕組みは、タケコプターの所で書いた様に辛い。
パラシュートのハーネスの様に体全体で力を分散させないといけない。
この老人が何を発明しようが良いのだが問題は、この老人が近所の小さい子供を集めてその仕組みを塾の様な物を開いて教えていた事で、子供に何の役にも立たない団扇を振らせて練習させていた。
「飛ばないじゃん」と子供達に言われながら。
テレビ局が来たから一回だけなら良いのだが・・・
テレビでこんな事で絶対飛べませんよと否定もせずに放送していいのだろうかと私は思う。

主人公が空を飛ぶアニメを見た子供がその後マンションから飛び降り亡くなったというニュースがあった。
そのアニメがいけないとは思わないが、暗に空を飛べるかもねと大の大人がテレビで言っている自称発明家を流しても良いのだろうかと思ってしまう。
せめて亡くなった子供が空を飛んでいる楽しい感覚があったと思いたい。
その自称発明家を私は、テレビの別番組で3回ほど見た事があるが、最近は見なくなった。
大分昔の話だがずっと気になっていた事なので書いて見ました。

「虚弱体質だが健康」

お腹が痛い。
私は、お腹をしょっちゅう壊す。
だが、ここ数年調子が良く、大きくお腹を壊した事はない。
それがお腹がぷっくり出てきた原因だろう。
私は、動いた分だけお腹が減るタイプで今肉が付いてきたのは、走行距離以上に燃料を入れた日を多く過ごしてきたからだろう。
普通食べ過ぎるとお腹を壊すのだが最近では、お腹を壊す事が少なくなってきたと思う。

子供の頃から虚弱体質ではあったが大きな病気や骨を折った事はなく、何故か骨を折った人が石膏で手や足を固めているのを羨ましく思っていた。
骨にヒビが入った事はたぶんあるのだと思う。
インフルエンザに掛かった時、咳をし過ぎてインフルが直ってもずっと肋骨がズキズキと痛かった。
きっと肋骨が疲労骨折していたのだろうと思う。
小学生の頃、踏切を自転車で渡っていてレールの上で雨の影響でタイヤが滑りコケて手を付いた所、その後ずっと手首が痛かった。
その痛みと肋骨の痛みが似ている。
咳と雨の日の踏み切りやマンホールの蓋は、気を付けなければならない。

私は虫歯が二本ある。
一本は銀歯になっている。
もう一本は、ちょっとした歯の痛みに鏡で確認した所、虫歯になっている事に気付いた。
それが2~3年前でそのまま放置しているがたまに痛みが出る事もあるが、黒い部分が大きくなっている事はない。
何故放置しているかというと、最近の歯の治療ではすぐに削って治療しないという事をテレビを見て知っているからだ。
今の治療では経過を見て悪化するタイプの物でない限り削らないらしい。
私の銀歯は、小学校の検診で見つかった物だがその結果から歯医者に行きすぐに銀歯にされた。
私は、見た目が悪い銀歯が嫌いだ。
冷たい物を食べると特に銀歯の所が痛いし、銀歯がなければ私の歯は白いままだったのに。
虫歯を放置していても私の虫歯菌は進行しないタイプで、今の銀歯以上成長しているとは思われない。
元の治療していない歯に戻して欲しい。

「テレビで紹介か自慢か?」

私は、芸能人が自分の住んでいる豪華な自宅や持っている高価な物をテレビで紹介しているのを見ると
“これは何の為に見させられているのだろう”と思う。
自慢にしか感じない。
見ている側は憧れてもしょうがないし、こういう商品があるのかと知らせる目的があったとしても到底買えない。
番組の意図が分からないし、その企画を受ける芸能人の意図も分からない。
その芸能人の生活を知りたい一部のファンは、嬉しいかもしれないがその他のファンは離れていくばかりだと思う。

最近、自分の会社の検索機能を紹介する為に家族が携帯で温泉の場所を検索するCMをよく見るが幸せ感がハンパない。
“これは何を見させられているんだ”
と不思議でしょうがない。
顔のそっくりな母子なので本当の家族と思われる。
独り身の私だが別に羨ましいとは思わないがCMで訴えたい事が薄れている。
男性の私が違和感を感じるのだから女性はもっと嫌悪感を感じている事だろう。
女性は、この様な幸せアピールが大嫌いと聞いている。

昨日テレビで芸能人(その時は一般人)がSNSで自分の生活を豪華に見せる為に借金をしてまで自分の給料に合わないブランド品を買ったり、海外旅行に行ったりしていたというテレビ番組を見た。
男性は、その人の生活に憧れてSNSを見るという事は少ないと思うが、女性は憧れを持って見る人と
“自慢か?”
と不快に思う人の両極端に分かれる傾向があると思う。
芸能人もテレビ局などの発信側も好かれるか嫌われるかの天秤を掛けて発信してもらいたい所だ。
私が一番腹が立つのは芸能人の今日の衣装総額幾らという企画でサイボーグの様な姉妹が、何億という金額を記録する時が一番腹が立つ。
彼女達のお金はどこからやって来た物なのだろうか?

「日本賞賛番組」

今日の昼、日本の職人が他の国に行き、壊れている物を直して人助けする番組を見た。
昼にやっていたのだからどこぞのテレビ局の再放送だと思われる。
この番組は、そう思わなかったが最近日本賞賛番組が多い気がする。
日本人に向けて
“こういう日本の文化がありますよ”
と再発見する様な作りなら良いが、外国人に向けて
“日本の技術はすごいだろう”
感が強いと私は、少し不快に思う事がある。
それは、芸能人が自分の住んでいる豪華な家や、持っている高価な物をテレビで紹介する番組を見ると不快に思う事と似ている。
私の様な貧乏人が手の届かない様な物を金持ちに見せびらかされている様な嫌な感情だ。
それと同様に日本人である私が外国の人達に
“日本人はすごいだろう”
と見せびらかしている様に感じて嫌だ。

ちょっと前に外国人お笑い芸人がその様な番組に出た感想として
「びっくりしたリアクションを取るのがしんどい、外国にも当たり前にあるからね」
の様な発言で、その日本賞賛番組を批判しているとニュースになっていた。
その発言は、自分がその役割をわかった上でギャラを貰い番組に出演しているのだから論外で話にならないが、私はその言わんとしている事は理解出来る。
その発言にジャパニーズピープルは
「国に帰れ!」とか「日本から出て行け」
とかの反応をしているというニュースも載っていたが、その極端な反応は日本人の島国根性というかペリーの来航からあまり変わっていない。

お笑い芸人は、その発言を芸能界を引退する覚悟を持って言わなければならない世の中になっていると思う。
失言で失脚した芸能人は沢山いる。
また、話が反れてきたが今日のブログで何が言いたかったかと問われれば
「別に」
と答える事にしよう。

「テレビっ子のテレビ信仰」

街で芸能人を見る事と同様に知り合いがテレビに出ている所を見るとテンションが上がる。
ある日、祖母にその娘、私の叔母から電話があったそうでテレビのコーラスコンクールに出たから見るようにと電話があったらしい。
私も見たが、その時初めて知り合いがテレビに出ている所を見た訳だがテンションは、特に上がらなかった。
それは、叔母が嫌いだからとかではなく、街で偶然芸能人を発見したとか不意に見付ける事に意味がある。

自分の同級生が高校野球地方予選の放送に出ていた時を見ていた時は、テンションが上がったがそれは偶然見た訳ではないので驚きという物はなかった。
三年生の同級生のピッチャーがランナーを背負うと挙動不審者の様になりランナーを気にし、もう一人の同級生が強豪高校から先制点のホームを踏み大喜びをしていた。
その後ボロ負けしコールドを食らうという展開が私は、驚きがなかったがそれは、それで面白かった。
偶然見て驚いたのは、中学校の同級生がニュースで何某かの商品を説明している所を偶然見た事だった。
“ここに就職したんだ”
と思って不意に画面に出て来た同級生に驚いた。

一番面白かったのは、男性が熊に襲われたというニュースを見ていて熊に噛まれたか引っ掻かれたかで怪我をした男性にその時の出来事をインタビューしていた。
その襲われた人の名前の字幕を見ると小学校6年生の時のクラスメイトと一緒の珍しい名前だった。
“あれ?”
と思ってよく見てみると確かに面影がある。
そのクラスメイトは、以前書いた私が風邪で長期の休みの直後に走ったマラソンで、いつも勝っていた小太りのクラスメイトにも抜かれたと書いた記憶があるがその人で、大人になった彼は小太りというより、ガッチリした体型になっていたが独特な歯並びは、何も変わっておらず、熊にどこぞの職場で襲われたエピソードを話していた。
“熊に襲われるって!!”
と驚いたというより、申し訳ないが彼の運の悪さにちょっと笑ってしまった。

私が芸能人を見てテンションが上がるのも、テレビで知り合いが出ている所を見るとテンションが上がるのも子供の時からテレビをずっと楽しみに見ていたテレビっ子だからだろう。
今そんなテレビっ子などという言葉も死語だろうが、視聴率が15%越えで調子が良いという記事を見ると悲しく感じる。
きっと今の子供は娯楽が沢山あるという恵まれた環境にあるという事がだろう。

プロフィール

Author:WAYA
FC2ブログへようこそ!

40越えのおじさんが日頃感じる事をブラックユーモアを交えて書いているだけのブログ

検索フォーム

amazon広告

ブログランキングボタン

ブログが何某かの良い所がれば投票お願い致します。

アクセスカウンター

FC2ブログランキングボタン

amazon広告

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

amazon広告

amazonアソシエイト使用の表示

「Amazon.co.jpアソシエイト」または「WAYA」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ村ランキング